<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ネット商法「ドロップシッピング」摘発、捜索(読売新聞)

 インターネット上にホームページを開設し、家電などの商品を販売するネット商法「ドロップシッピング」(DS)を巡り、「絶対にもうかる」などと虚偽の説明をしたなどとして、警視庁は27日、東京都台東区上野のネット関連会社「サイト」本社など数か所を特定商取引法違反(不実の告知など)容疑で捜索した。

 DSは主婦やサラリーマンの「手軽な副業」として広まっているが、全国各地の消費生活センターには「全くもうからない」などの苦情も多数寄せられている。DS事業者が強制捜査を受けるのは全国初で、同庁は押収帳簿などを分析し、実態解明を進める。

 同庁は、同社が100人以上から数億円を集めていたとみており、同社が管理する商品の在庫状況などについても調べる方針。

 同庁幹部によると、同社は今年1月上旬、DSに関し問い合わせた川崎市の無職女性(38)に対し、「2、3か月で元が取れる」「稼いでいない人はいない」などと虚偽の説明をしたうえ、同法が義務付けた契約内容を示す書類も交付しなかった疑い。女性は同月中旬、同社の説明を信じて契約、商品を販売するホームページの開設費用など85万円を支払ってDSを始めたが、商品が一つも売れず、警視庁に被害を届け出た。

 同社は2007年頃からDS事業を始めた。パンフレットで「初心者の方でも簡単にスタート!」「激安卸価格」などと契約者を募集。契約者は最初にホームページの開設費用など85万〜300万円を投資し、同社が在庫を管理するテレビやパソコン、カップラーメンなどの商品をホームページ上で販売する仕組み。

 販売額は契約者が自分で決め、卸値との差額が利益になるが、卸値が市場価格より高いケースもあり、各地の消費生活センターには、「売れない」「宣伝と違う」などの苦情が相次いでいる。

 ◇ドロップシッピング=英語で「直送」を意味する通信販売形態の一つで、個人がホームページを開設し、業者に代わって商品を販売する新手のインターネットビジネス。商品発送や代金の決済は業者が行い、契約者はホームページで商品を宣伝し、注文を受ける。在庫リスクを抱えず、注文を業者に伝えるだけという手軽さで人気となった。米国などで始まり、日本では2006年頃から広まった。

「あかつき」打ち上げ成功 惑星探査、存在感増す(産経新聞)
<赤ちゃんポスト>15人のうち1人は親元に 熊本09年度(毎日新聞)
<児童ポルノ>発見直後に遮断 政府WG「現行法で可能」(毎日新聞)
日本創新党との連携も たちあがれ平沼氏(産経新聞)
九州の動物園が口蹄疫対策強化 消毒強化、「餌やり」「ふれあい」自粛(J-CASTニュース)
[PR]
by qjxhciu0of | 2010-05-29 05:13

石川議員の聴取始まる 都内のホテルで(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が17日午後、元会計事務担当で衆院議員、石川知裕被告(36)=同罪違反で起訴=から任意で事情聴取を始めたことが関係者への取材で分かった。

[フォト]4時間半…何も語らず走り去る 小沢氏3回目の聴取

 検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことを受けた再捜査の一環。石川被告の再聴取は都内のホテルで午後1時ごろから行われているとみられる。

 特捜部は、政治資金収支報告書の記載内容をめぐる小沢氏とのやりとりを中心に聴き、小沢氏の虚偽記載への積極的関与などを改めて確認しているとみられる。小沢氏と石川被告らとの共謀が立証できるか否かを判断する。

 検審は4月27日の議決で、石川被告や元会計事務担当で元私設秘書、池田光智被告(32)が「収支報告書を提出する前に小沢氏に報告し、了承を得た」などと供述したことを重視。この供述を「直接証拠」と評価し、小沢氏と元秘書3人の共謀が成立すると認定した。

 これに対し、小沢氏は1月に行われた聴取で「記載内容について報告を受けたことはない」などと主張。今月15日に行われた3回目の聴取でも、虚偽記載の関与を全面否認した。

 特捜部は今後、池田被告や元会計責任者で元公設第1秘書の大久保隆規被告(48)からも再聴取し、月内にも改めて小沢氏の刑事処分を決めるとみられる。

【関連記事】
国会終盤戦 小沢問題で紛糾 会期延長現実味
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」
石原知事、谷さん参院選擁立に「日本を考えたことあるか、聞いてみろよ」
世論無視「絶対辞めない」小沢、今度は“アリバイ工作” 
「しっかりお話する」 民主・小沢氏、政倫審と再聴取応じる意向表明
少子化を止めろ!

<産廃問題>「ホテル開発」が市を提訴 議会の反対で処理費用予算化できず(毎日新聞)
福島党首、普天間県内移設なら閣議了解応じず(読売新聞)
“幽霊ホテル”やっと姿消す…19年野ざらし(読売新聞)
マンションで男性2人刺され死亡 通報した男逮捕へ 大阪(産経新聞)
自殺3万2845人 自殺率 20、30代で最悪(産経新聞)
[PR]
by qjxhciu0of | 2010-05-21 09:45

<痴漢>埼京線全編成に防犯カメラ設置へ(毎日新聞)

 JR東日本の清野智社長は6日、JR埼京線の全編成に痴漢防止用の防犯カメラを設置することを明らかにした。6月から設置を開始し、遅くとも今年度中に完了する方針。埼京線では既に一部の編成で試験的に防犯カメラを設置しており、痴漢抑止に効果があると判断した。警察庁の安藤隆春長官は6日、試験設置に対して清野社長に感謝状を贈った。

 JR東日本は、埼京線での痴漢被害の深刻化を受け、昨年12月、試験的に2編成の1号車に防犯カメラを設置した。警視庁によると、埼京線で今年1〜2月に発生した痴漢被害は15件で、昨年同期(38件)の半数以下になった。JR東日本は埼京線の全32編成の1号車に防犯カメラを設置する方針。

 感謝状贈呈式後の記者会見で清野社長は「犯罪、痴漢の防止に効果があると警察から聞き(全編成設置を)検討してきた」と述べた。安藤長官は「他の鉄道事業者に拡大することを期待したい」と話した。【合田月美】

【関連ニュース】
秋葉原:防犯カメラ設置…無差別殺傷の現場周辺に34台
監視カメラ:高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中
防犯カメラ:JR埼京線とりんかい線、設置を拡大
新潟・タクシー運転手強殺:監視カメラに男性 「最後の客」か、確認急ぐ /新潟
寄贈:ネットで「防犯カメラ」映像 3社、浜田の「市民の会」に /島根

長谷川等伯の心を映し出す本法寺(産経新聞)
<首つり死亡>独房で男性受刑者 名古屋刑務所(毎日新聞)
高卒限定の介護雇用事業―北海道釧路市(医療介護CBニュース)
<スズメ>激減? 日比谷公園で全数調査(毎日新聞)
山口組系組幹部を逮捕=500万円恐喝容疑−ビル管理男性から・警視庁(時事通信)
[PR]
by qjxhciu0of | 2010-05-13 06:54