テレ朝が業績予想を上方修正 10年3月期、スポット広告が好調(産経新聞)

 テレビ朝日は29日、2010年3月期の通期業績見通しを上方修正し、最終利益を従来予想の34億円から43億円に引き上げた。売上高も2262億円から2276億円に引き上げた。景気の回復で広告のスポット収入が、見込みを上回る水準で推移しているため。

 同時に発表した09年4〜12月期連結決算は、売上高が前年同期比8.3%減の1729億円、最終利益が2.1倍の44億円の減収増益だった。番組制作費の削減などが利益を押し上げた。

【関連記事】
不況だからこそ!「値切り」のコツは“ズレ買い”“またぎ”
サムスン、増収増益 09年10〜12月期、薄型テレビ、携帯が好調
王将、日高屋に死角なし!? 中華大戦争で相乗効果
でき婚、薬物、経費削減…2009年の芸能・メディア界
魅力的な未来図描けるか ポリシー・プランニング

【風】“二律背反”のはざまで…(産経新聞)
免疫不全の実験用ラット作製 京大チーム、世界初(産経新聞)
非核三原則、今後も徹底=鳩山首相が表明−参院予算委(時事通信)
<地域委員選挙>ピンチ 参加申請3.3% 名古屋(毎日新聞)
<円卓会議>政府が初会合 「新しい公共」の概念深める(毎日新聞)
[PR]
by qjxhciu0of | 2010-01-31 09:41


<< <贈呈式>毎日芸術賞、千田是也... 郵便不正事件 厚労省元局長、無... >>