石川議員の聴取始まる 都内のホテルで(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が17日午後、元会計事務担当で衆院議員、石川知裕被告(36)=同罪違反で起訴=から任意で事情聴取を始めたことが関係者への取材で分かった。

[フォト]4時間半…何も語らず走り去る 小沢氏3回目の聴取

 検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことを受けた再捜査の一環。石川被告の再聴取は都内のホテルで午後1時ごろから行われているとみられる。

 特捜部は、政治資金収支報告書の記載内容をめぐる小沢氏とのやりとりを中心に聴き、小沢氏の虚偽記載への積極的関与などを改めて確認しているとみられる。小沢氏と石川被告らとの共謀が立証できるか否かを判断する。

 検審は4月27日の議決で、石川被告や元会計事務担当で元私設秘書、池田光智被告(32)が「収支報告書を提出する前に小沢氏に報告し、了承を得た」などと供述したことを重視。この供述を「直接証拠」と評価し、小沢氏と元秘書3人の共謀が成立すると認定した。

 これに対し、小沢氏は1月に行われた聴取で「記載内容について報告を受けたことはない」などと主張。今月15日に行われた3回目の聴取でも、虚偽記載の関与を全面否認した。

 特捜部は今後、池田被告や元会計責任者で元公設第1秘書の大久保隆規被告(48)からも再聴取し、月内にも改めて小沢氏の刑事処分を決めるとみられる。

【関連記事】
国会終盤戦 小沢問題で紛糾 会期延長現実味
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」
石原知事、谷さん参院選擁立に「日本を考えたことあるか、聞いてみろよ」
世論無視「絶対辞めない」小沢、今度は“アリバイ工作” 
「しっかりお話する」 民主・小沢氏、政倫審と再聴取応じる意向表明
少子化を止めろ!

<産廃問題>「ホテル開発」が市を提訴 議会の反対で処理費用予算化できず(毎日新聞)
福島党首、普天間県内移設なら閣議了解応じず(読売新聞)
“幽霊ホテル”やっと姿消す…19年野ざらし(読売新聞)
マンションで男性2人刺され死亡 通報した男逮捕へ 大阪(産経新聞)
自殺3万2845人 自殺率 20、30代で最悪(産経新聞)
[PR]
by qjxhciu0of | 2010-05-21 09:45


<< ネット商法「ドロップシッピング... <痴漢>埼京線全編成に防犯カメ... >>