ETCで車種偽って通行 500万円超ごまかす?(産経新聞)

 千葉県警交通捜査課と高速道路交通警察隊は8日、車種を偽って登録したETC(自動料金収受システム)車載器を使い、高速道路などを不正な料金で通行したとして、電子計算機使用詐欺の疑いで、同県長生村岩沼の有限会社三和交通の経営者、岩瀬幸一容疑者(62)と、同県旭市倉橋の同社役員、田村美代子容疑者(50)を逮捕、千葉地検に送検したと発表した。2人とも「登録は自分ではない」と容疑を否認しているという。

 調べでは、岩瀬容疑者らは、有料道路の通行料金車種区分が「特大車」の自社大型観光バスのETC車載器に「大型車」と登録。平成21年10月24、25日に千葉県内から埼玉、栃木、茨城、福島県などを回り、正規料金2万9100円のところ、1万7300円しか払わなかった疑いがもたれている。

 岩瀬容疑者らは、19年11月ごろから21年12月ごろまでの間、約3000回(被害総額約500万円以上)、同様の行為を繰り返した疑いがある。また、同社が保有する観光バス15台のうち6台が車検や保険の期間が切れていたという。

【関連記事】
第3京浜料金所に乗用車が突っ込み2人重体
JR、国交相に高速無料化など見直し求める
「千円割引」の財源で高速道路を建設 国交省が改正法案
世界遺産は夢と消え… 宮城県「松島」登録断念のワケ
「カルガモ走法」の運送業者、不正通行容疑で追送検

前田日明氏の公認一転見送り!民主参院選1次候補(スポーツ報知)
佐川急便元社員を逮捕=架空発注で代金詐取容疑−1億6000万被害か・警視庁(時事通信)
キャメロン監督 原爆「映画化の意思変わらず」(毎日新聞)
普天間、絞り込みに着手=社民・国民新、8日に移設案提示(時事通信)
地域でずらして春秋5連休を=休暇分散化で政府案−観光本部(時事通信)
[PR]
by qjxhciu0of | 2010-03-10 09:32


<< 1人の歯科口腔医師が医療事故3... 最大波発表値の1.5倍 チリ大... >>